子供用 青汁 ランキング

子どもの青汁

サプリ

子どもの野菜嫌いをなおすための10のアイデア

投稿日:

野菜を食べない子

子供の野菜嫌いが続くと、親としては心配ですよね。

どうして食べてくれないの?

野菜をひとつひとつ丁寧に取り除いたり、ひと口食べた途端にベェーと吐いてしまう子供を見ていると、どうしたらよいのか分からなくなることがありますよね。

このままずっと野菜を食べてくれないのだろうか?
まわりからワガママに育てていると思われてるのでは?

私も絶対に野菜を食べようとしない子供にイライラしたり、悲しくなったりの毎日でした。

でも、あまり深刻になりすぎないでください。

幼児期からひと口も野菜を口にしようとしなかったウチの子も、小学校の3~4年生になる頃からキャベツやレタスなどもバリバリ食べるようになったのです。

今では、大人でも飲むのがつらい生野菜の青臭いジュースもゴクゴク飲んでしまいます。(はじめはオイシイ青汁から慣らしました)

子供用の青汁ランキングはこちら

実はほとんどの子供の野菜嫌いは幼児期から始まって、小学生をピークに自然と解消されていくことが多いそうです。

ですから、今食べなくてもいつの間にか食べられるようになる可能性のほうが高いのです。

それまでの間は、親としては焦らずに少しずつでも子供の野菜嫌いを克服していければいいと思います。

そうは言っても、野菜には子どもの成長に欠かせないビタミンやミネラルがたっぷり含まれていますから、あまりに食べないなら健康面が気になります。

以下の10のアイデアを試しながら、少しずつでいいので野菜嫌い克服へ向かって前進していく努力は続けていきましょう。

1 野菜嫌いの原因を知る

いろいろ調べてみると野菜嫌いになる原因は意外と野菜自体の味やにおいとは別のところにあったりするようです。

例えば、離乳食でも同じようなメニューが多かったり、加工食品を使うことが多かったりすると、味が単調になって味覚が十分に発達しないために野菜嫌いなど偏食の原因になることがあるようです。

また食事の時に、親から叱られた記憶やお腹が痛くなったなどの不快な記憶と野菜が結びついていたり、野菜が噛みにくい飲み込みにくいというイメージがついてしまって嫌いになったりするそうです。

もしこのような原因で野菜を嫌いになっているなら、料理方法や食事の時の雰囲気などを少し変えるだけで野菜嫌いが改善する見込みがあります。

だからこそ、無理に食べさせるよりは、いろいろなことを実験感覚で試してみる気持ちでチャレンジしていきましょう。

2 味付けや調理法を工夫する

親子でカボチャ

子供が野菜嫌いという理由の中には、野菜は苦い、美味しくない、味気ないという理由があります。

その為、まずは野菜の料理方法や味付けについて工夫をして見てはいかがでしょうか?

勿論、野菜の味をわからなくする為に過度の味付けはいけません。

子供のうちから濃い味付けに慣れてしまうと、どんどん濃いものでなければ満足できない様になってしまうのです。

一般的なのは、野菜を細かき刻んで入れるということです。

細かく刻んでスープ等に入れてしまえば視覚的にも野菜が含まれていると言うことは分かりませんよね。

一度口に入れて食べた後に、苦手な野菜が含まれていると言うことを教えてあげれば、不思議と苦手意識も少なくなってくるものなのです。

その為、視覚的に野菜を含まれていないように工夫することはとても良いことでしょう。

また、炒飯等も野菜を細かき刻んで入れやすいですよね。

子供にも食べやすいものですし、気軽に様々な野菜を入れることができると思います。

その為、しっかりと食べさせることができるでしょう。

最近は、フードプロセッサというものもあります。

これがあれば、野菜を原型が無いくらい細かくすることができますし、見た目的にも野菜が無いように思える料理を作ることができますよね。

まずは野菜を食べても気づかない様な生活を送って見てはいかがでしょうか?

料理方法を工夫するだけで、気付かないうちに野菜を食べさせることができるのです。

そうすれば、苦手意識もどんどん無くなってくると思います。

3 苦手なにおいやクセのある味を隠す工夫をする

何故野菜嫌いなのか、と言う回答に、臭いや味に癖があるからと答える子供は多いのではないでしょうか?

そのため、まずは苦手から克服して行った方が良いでしょう。

野菜は、生のままでしたら確かに臭いや癖があるものも多いと思います。

そのため、まずは痛めたり味付けを工夫して、独特に味わいを無くすことが大切です。

また、最初のうちは癖の少ない野菜から調理をして見ては如何でしょうか。

人参などは、甘く味付けをする事も可能な食材ですし、余り癖もありませんよね。

子供が野菜嫌いを克服するには一番良い食材だと思います。

最初から、ブロッコリーやセロリ等の癖の強い、野菜っぽい食材からチャレンジしても難しいでしょう。

まずは、野菜の癖の無いものから調理してみる事をお奨めします。

シチューやカレー等の味の濃いものに野菜を入れると、克服する事ができる可能性も高まるのではないでしょうか。

シチューやカレーは、子供が好きな料理の中でも上位にランクインされる料理ですよね。

味も濃いですし、シチューやカレー本来の味に混ざってしまえば、余り野菜だと言う事を意識する事無く、食べる事ができると思います。

元から味の濃いものに混ぜる事で、美味しく、野菜だと意識する事なく食べる事ができるのでしょう。

確かに野菜本来の味を知る事も大切だと思います。

サラダ等はしっかりと栄養を補給する事ができますよね。

しかし、野菜嫌い克服のためにはまずは野菜の苦手意識を克服するところから始めた方が良いでしょう。

4 見た目をかわいくしてみる

野菜は、どちらかと言うと緑が中心で、見た目が可愛くないと思っている人も多いのではないでしょうか?

子供から見ても、緑色をした野菜はあまり美味しくないと思いがちなのかも知れません。

そのため、まずは見た目を可愛くして野菜嫌い克服を考えてみてはいかがでしょうか?

かんたんなのは、かたぬきを使った料理ですよね。

カレーやシチュー等のにんじんをかたぬきで星形等に可愛くアレンジしてみるのもいい方法だと思います。

見た目が可愛いだけでも子供の興味をそそる事ができますし、子供からみても食べやすいですよね。

また、子供が嫌いな野菜上位に入るピーマンは、パプリカで代用してみてもいいかもしれません。

ピーマンは緑色をしていて、あまり見た目としては美味しく見えませんよね。

しかし、パプリカであれば赤や黄色等の華やかな色合いのものもとても多いのです。

また、パプリカはピーマンよりも苦みが少なく甘味の有る野菜です。

そのため、ピーマン嫌い克服にはとても良い食材だと言われています。

もちろん最初のうちは、パプリカをそのままではなく工夫して出しましょう。

可愛くカラフルに取り揃えたサラダであれば、子供の目も引くことができますよね。

他にも色とりどりの野菜をそろえてみれば、食べたいと思ってくれるかもしれません。

視覚的な部分から苦手意識を克服することはとても大切だと思います。

そのために、まずは可愛く見た目をアレンジした調理方法を試してはいかがでしょうか?

それがきっかけで野菜嫌い克服をできるかもしれません。

5 おやつやドリンクに野菜を使ってみる

子供が大好きなスイーツやドリンクを野菜で作ってみるというのも一つの方法です。

レシピサイトなどで検索すると、野菜で作るスイーツやドリンクのレシピが驚くほどたくさん見つかりますが、どれも美味しそうなものばかりです。

例えば、トマトゼリーや人参ケーキ、アボガドのチーズケーキなどがありますが、見た目も色鮮やかなものが多く、子どもが喜びそうです。

おやつからでも野菜が食べられるようになれば、毎食のおかずの野菜も食べられる日が近いかもしれません。

またドリンクでは、果物とミックスさせて作るグリーンスムージーがおすすめです。

例えば、ホウレン草などの緑黄色野菜もバナナを混ぜるとバナナの独特の甘みで野菜の苦みや癖も隠す事ができます。

また、市販の子ども用の青汁には飲みやすいものが多いので、野菜嫌いの子供でも飲めるかもしれません。

毎日の習慣として青汁を飲むようにすれば、野菜への抵抗も少なくなり、栄養もたっぷり取れますから健康面でもメリットがあります。

6 子どもと一緒に野菜を料理してみる

料理をする女の子

大人でも自分で作った料理というのは、不思議と愛着がわきますよね。

野菜嫌い克服の為に、子供と一緒に料理をしてみてはいかがでしょうか?

野菜は、簡単に切ったり、手でほぐす事が出来る食材です。

その為、そこまで危険もなく料理をする事が出来るのではないでしょうか?

幸いにして最近は子供用に手の切れない優しい包丁等も販売されています。

そのようなものを利用することで、子供と一緒にサラダなど簡単な料理から調理をはじめてみることが出来るでしょう。

自分で切って作った料理であれば、もしかしたら野菜を克服する事が出来るかも知れません。

実際に、自分で食材の事を知り、調理手順を知り、火や包丁の使い方を知る事はとても大切なことです。

将来一人暮らしをしたり、結婚したときにも、子供のころの料理体験が役立つ場面がたくさんあると思います。

親子のコミュニケーションにも繋がりますし、子供の創造性や計画性など様々な能力を伸ばすのにも役立ちます。

また、家庭菜園をはじめてみても良いでしょう。

自分で作った野菜であれば愛着もどんどん湧いてきますよね。

まずは、ミニトマトなどの簡単な野菜から育てて見ては如何でしょうか?

育てた野菜を洗ってそのまま食べるという思い出深い経験ができますし、なにより自分で作った野菜であれば進んで食べたいと思うかも知れませんね。

このように親子で料理を作ったり、野菜を作ってみたことで子供が野菜嫌い克服できたというケースはとても多いようです。

7 お腹をすかせておく

野菜嫌いを克服する為には、お腹がすいた時に野菜を食べさせることも良いかも知れませんね。

お腹に余裕があるときであれば、嫌いな物や野菜は避けて食べてしまうかも知れません。

しかし、空腹時でしたら野菜でもお腹に入れたいと思うこともあるでしょう。

そうすると、自然と野菜を食べるようになることもあります。

一度口に入れて食べてしまえば、不思議と苦手意識を克服することが出来る物です。

しかし、問題は、無理やり食べさせてはいけないということです。

お腹が空いていても、野菜は絶対に食べたくないという子供もいるでしょう。

そんな時に、無理やり食べさせたり、お腹が空いてるのに野菜以外与えないということは余り良くないと言われています。

野菜を食べることに、トラウマを感じてしまう子供も出てくるかも知れないのです。

勿論、お腹が空いている時であれば進んで野菜でも食べてくれるかもしれません。

しかし、お腹が空いていても野菜を食べたくない状態であれば、野菜を隠したメニューや美味しく食べれる物に変えた方が良いかも知れませんね。

野菜嫌い克服の為には、無理やり食べさせないということも大切なのです。

確かにお腹が空いている状態であれば進んで食べる子供もいますが、お腹が空いていても食べずにずっと空腹のままの子供もいるのです。

野菜を食べなければお腹がすいたままでも放置というのはやめましょう。

まずは子供が進んで野菜を食べたいと思う環境をつくることがとても大切なのです。

8 野菜に興味をもたせる

畑で野菜をもってにっこり

野菜に興味をもって食べてもらうことはとても大切です。

まず、野菜の大切さを簡単な言葉で伝えましょう。

野菜を食べなければ病気になってしまう、大きくなることができない等でしたら子供でも十分に理解をすることができますよね。

勿論これでも食べてくれない子供もいるかも知れません。

しかし、しっかりと野菜の大切さを教えることは、重要なのです。

会話は、親子のコミュニケーションです。

野菜についてのお話をすることで、もしかしたら野菜に興味をもってくれるかも知れません。

野菜の登場する絵本などは喜んで読もうとするかもしれません。

また、身近で野菜農家をやっている人がいればその人のお話を聞いてみても良いでしょう。

実際に、野菜を作っている人に触れ合うことで野菜に興味を持つことができるかも知れませんね。

野菜嫌いも克服できる可能性もあるでしょう。

また、野菜嫌い克服のためには様々な努力が必要なのです。

母親と一緒に野菜を食べてみたり、お話をしながらの楽しい食ことはとても大切でしょう。

食べることは、楽しくなければいけません。

いろいろな会話をして、楽しい食ことにしていればもしかしたら野菜も食べてくれるかも知れませんね。

親子でコミュニケーションを取りながら野菜を克服することはとても大切だと言われています。

そして、しっかりとコミュニケーションを取りながら野菜の大切さを教えることで、もしかしたら野菜を食べてくれるようになるかも知れないのです。

まずは、野菜についてお話をして見てはいかがでしょうか。

きっと野菜に興味をもってくれるはずです。

9 料理の腕を磨く

最近は、野菜克服のメニューが沢山有りますよね。

まずは、野菜嫌い克服メニューを作ってみてはいかがでしょうか。

母親の料理の腕が上がれば、野菜料理でも美味しくなっていくでしょう。

レシピを工夫することで、美味しく食べることができることができるかも知れません。

子供でも食べやすい野菜料理と言えば、野菜炒めなのではないでしょうか。

野菜炒めは、野菜が主なメニューですが工夫次第で食べやすくアレンジをすることができるのです。

例えば、味噌だれで野菜の味を消してみてはも良いでしょう。

ベーコンや鶏肉等、子供が好きな食材を混ぜてみても良いかも知れませんね。

人参はもともと甘味があるものなので、人参主体に作ってみても良いかも知れません。

この様に、野菜嫌い克服メニューとして野菜炒めはとても良いものなのです。

また、他にも野菜嫌い克服メニューは、沢山あります。

人参を使ったきんぴらや、ねぎを入れた卵焼き、ホウレンソウを入れたハッシュポテト等です。

どれも、子供が好きな食材と混ぜることができますし、野菜だと言うことを余り意識することなく食べてもらうことができるのではないでしょうか?

鉄板焼きやグラッセ、チキンナゲット等に野菜を入れてみても良いでしょう。

まずは美味しく料理を作ることが、野菜嫌い克服には一番大切なのかも知れませんね。

子供の野菜嫌い克服の為に、料理の腕を上げて見てはいかがでしょうか。

美味しい野菜料理であれば、食べてくれる可能性も高まりますし野菜嫌い克服もできるでしょう。

10 たくさん褒める

タマネギをもつ女の子

子どもは褒められることが大好きですし、褒められて成長していきます。

なので、野菜嫌いの子が野菜を少しでも前進して野菜を食べられるようになったら、すかさず褒めるようにしましょう。

逆に食べないと叱るというのは、ついやってしまいがちですが、これは野菜への苦手意識を増幅させて逆効果になることが多いようです。

はじめは食べられないとしても、それは仕方のないことだと考え、決して子供のわがままだととらえないことです。

そして、食べれなかった野菜を少しでも食べられるようになったら、オーバーなぐらいに褒めてあげてください。

子どもに限らず、人間は気分がよくなることは何度でも繰り返したくなるものです。

また褒められたいという動機で、意欲的に野菜嫌い克服に取り組むようになるかもしれません。

もちろんそのように順調にいく場合ばかりではなく、食べられたり食べられなくなったりの一進一退かもしれませんが、野菜に対する拒否感というのは確実に少なくなっていきます。

そうなると、克服まではあと一歩といったところです。

褒めすぎることでデメリットが生じることは考えられませんから、どんどん褒めて良い循環をつくっていきましょう。

子どもの青汁最新ランキングこちら

-サプリ

Copyright© 子どもの青汁 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.