子供用 青汁 ランキング

子どもの青汁

サプリ

DHAの働きには注目

投稿日:

小児の脳機能は三歳や四歳ぐらいで大人の脳の85%程度にまで発達します。それからは訓練によって少しずつ発達し、まるで筋トレで筋肉が増強されるかのように、知的トレーニングを行うことで向上していきます。栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳機能にとって必須の栄養分です。また魚や海藻に含まれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にする効果で知られています。何か水分を求められるような場合は、何かのドリンクより水をまずは与えてください。余計な物質が含有されていないので、身体に吸収されやすいのです。とりわけ起床時にコップ一杯の水を飲むと、胃に対する反射で交感神経が亢進し胃腸の消化吸収の態勢がしっかりと整います。がぜん食欲がわいてきて、冷水のキュッとした刺激でパッチリと目が覚めることでしょう。子どもが便通のリズムを身に着けさせ、それが健康に与える影響を実感させるカギは、家でのしつけです。しっかり朝ご飯を摂って、便意が起きたときは便器に座る、そのパターンを習慣化しましょう。そうして、毎日の排便が体の調子を教えてくれる重要な目印であると教えましょう。目指すべき便はニオイが臭くなく、バナナ型ではじめはプッカリと浮いて、徐々に沈殿していく感じです。海藻には血管の老化の予防や改善につながる不飽和脂肪酸を豊富に有します。とりわけDHAの働きには注目です。それは乳児・幼児の知力の発達にプラスになると考えられている成分です。海藻にこれほどの栄養素が含有されるのは、海洋のエキスが凝縮され蓄積されているからです。海藻をふんだんに取り入れたメニューをいつもたくさん食べて、海の力で丈夫な体をつくりましょう。ミネラルは野菜にも多く含まれる栄養素です。ミネラルというのは体の構成元素であるとともに、口から食べるものの消化や吸収、不要なものの排泄、活力の生産など体の生命現象をいい具合に整える働きがあります。また野菜類はお通じを良くし、腸内の有害物もきれいに排出する食物繊維が多く含まれているのです。これらは体の中で生成されませんから、食べるものを通じて満たすしかありません。最近ではお通じがスッキリしない小児がとても多くなっています。スッキリしていない子どもたちほど、少しのことで疲れたり、集中力不足といった問題が生じています。便秘がわかったら早めに解消してあげましょう。子供のための浣腸とか便秘の薬もありはしますが、それはあくまで緊急手段ととらえて使い過ぎに注意です。本来の自分の力によるお通じを取り戻せるよう食事と生活習慣の両面からサポートしてあげましょう。海藻は野菜にも負けないミネラルとかビタミン類などうれしい栄養をたっぷりと有しています。さらに白血球の作用を高めて、癌・糖尿病などの病気の予防に役立つ成分があり、免疫力をアップさせる効果のある食材です。水に溶けやすい食物繊維が海藻にはたくさん含まれます。おなかの善玉菌を活性化して、大腸の蠕動運動をサポートし、ビタミンB群を生成を活性化するなど大切な作用があります。イライラすることが多かったり、ちょっとしたことでキレる子が急増しているとも言われています。その背景としてストレスもあるとは思いますが、日頃の食習慣、とりわけ白砂糖の摂取の多さともつながりがあります。糖分を必要以上に摂ると低血糖症へとつながります。砂糖などは血糖値を急上昇させますが、その抑制をするために膵臓から多量に出されるインスリンが低血糖の状態を引き起こします。

-サプリ

Copyright© 子どもの青汁 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.