子供用 青汁 ランキング

子どもの青汁

サプリ

脳機能の発達を支える栄養素

投稿日:

人間の脳はたった3歳か4歳ぐらいで大人の脳の85%程度にまで発達します。それからは訓練によって少しずつ発達し、まるで筋トレで筋肉が増強されるかのように、知的トレーニングを行うことでさらにレベルがアップしていきます。栄養学の観点ではビタミンB1とカルシウムが脳機能の発達を支える栄養素です。さらにドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸も脳の神経伝達をスムーズにする作用を持っています。何か水分を求められるような場合は、清涼飲料水や茶よりも水が一番良いのです。余分な成分が含まれないことから、細胞に吸収されるのが早いのです。分けても寝起きに水を飲むことを習慣にするなら、胃袋を目覚めせることにつながり胃腸の消化吸収の態勢がしっかりと整います。空腹感が強まるとともに、冷えた水のさわやかさによりパッチリと目が覚めることでしょう。現代に生きる子供らは身長も高くて手足の長さもサーと長く、以前よりずっとスタイルがいいです。この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から肉をよく食べる欧米人の食習慣に好みが変化してきたことがあります。ところが、糖尿病や高血圧といった昔は日本には縁がないと思われていた病気なども多くなっています。そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気も格段に多くなってきている状態です。どんどん成長していく子どもは栄養面でよく考えられた食事メニューを急がずにゆっくりと楽しい雰囲気で食べるのが最善です。そうは言うものの、驚くほど食べてしまうなら。本来の体にとって必要な栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。とある幼稚園では食べられそうなぐらいの飯の量を自分でつがせて、自らが食せる量の範囲を感覚としてつかむよう教えていますが、なかなか本質をついたやり方だと感じました。眠ることで嫌なことや不安を忘れられたり、ストレスの緩和効果もあります。小さい子供にとっては、それらだけでなく脳や神経の発育にもとても大事な分野となります。そのため、たっぷりと眠るということは、これから成長していく子どもの脳をしっかり作り上げる点でも大事なのです。もし眠りについて重大な障害が起き続けるなら、大脳がしっかりと発達しないという心配も現実になりえます。血液や体液など人間の体の内部の水分は、重要な役目をしています。水の恩恵を改めて考えると、腸を刺激してお通じを良くしたり、美しい肌つくりに貢献したり、食べる前に飲んで消化の備えができたり、汗や尿の出を良くするよう作用して不要なものの排出を含む全身の代謝を良好にします。さらに疲労を感じた時やいら立つ時もそれを緩和する効果が水にあるのです。年中イライラしていたり、ちょっとしたことでキレる子が増加傾向にあるようです。今の複雑な社会のストレスも原因と考えられますが、日頃の食習慣、とりわけ白砂糖の摂取の多さともつながりがあります。糖分を必要以上に摂ると低血糖症へとつながります。砂糖を含む食品は血糖値を一気に上昇させます。その変化を止めようとして膵臓から放出される大量のインスリンが低血糖症にさせます。野菜類の栄養の代表といえるビタミン類には、ほかの栄養素が働きやすい環境をつくる、体が生きていくのに必要な生理反応を調整するなどの仕事があります。細胞の一つ一つに活力を与え、免疫システムを強化するために、絶対に欠かしてはいけない栄養といえます。ブロッコリーやパプリカなどのベジタブルや桃やバナナなどの果物にも含まれるビタミンについては免疫のカギである白血球の働きを強化します。

-サプリ

Copyright© 子どもの青汁 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.