子供用 青汁 ランキング

子どもの青汁

子供用の飲みやすくて栄養たっぷりの青汁をランキングしました!

毎日飲んで野菜不足を解消しましょう!

子ども用の青汁は飲みやすさと栄養価で選ぶ!

現代の子どものほとんどは野菜の摂取量が足りていないという調査結果があります。

野菜に豊富に含まれるビタミンやミネラルは、食べ物の栄養をエネルギーに換えたり、体を成長させていくのに欠かせない栄養素です。

野菜不足になると、すぐに疲れやすかったり、メンタル面で弱くなったり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなるなどの傾向がみられるようです。

といっても、1日の野菜の目標摂取量は350gで、これは野菜料理5皿分にもなりますから、特に野菜が苦手な子どもにとっては毎日摂取するのは大変ですね。

野菜嫌いの男の子

そこで、活用したいのが飲みやすくて栄養価の高い子供用の青汁です。

実際に某調査によれば、約82%の母親が「美味しい青汁があれば子どもに飲ませたい」と考えているとのことです。

市販の青汁の中には苦かったり、青臭さがあって飲みにくいタイプのものもありますが、子ども用につくられた青汁の多くは、フルーツを混ぜるなどして飲みやすくなっています。

それでも味には好みがありますし、配合成分もメーカーによってかなり異なっています。

その子に合う青汁を見つけるためには、実際にいくつかを試してみるということも必要かもしれません。

飲みやすさと栄養価で選んだ子ども向けの青汁を、以下にランキング形式でご紹介していきますのでご参考にしてください。

子ども用の青汁ランキング

子供用に開発された青汁を、サイト運営者の独断と偏見でランキングしています。

子ども用青汁ランキング1位 子どもバナナ青汁

子ども用青汁ランキング1位 子どもバナナ青汁とは?

子どもバナナ青汁は、
・主原料に国産大麦若葉を使用
・野菜13種類、フルーツ6種類を配合
・スーパーフードとして話題のスピルリナを配合
・ヨーグルト15個分の乳酸菌、ビフィズス菌を配合
・子どもが大好きなバナナ味
・3万本の販売実績
・60日間の返金保証つき
・保存料や人工甘味料は不使用
・ISO9001認定工場で高品質製造

といった特徴があります。

価格 容量
 定期初回980円  1箱30包
原材料
 大麦若葉末、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、黒糖粉末、ビフィズス菌末(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、乳酸菌末(デキストリン、殺菌乳酸菌体)、スピルリナ粉末、明日葉末、果汁混合粉末(デキストリン、リンゴ果汁、グレープフルーツ果汁、パイナップル果汁、マスカット果汁、ピーチ果汁)、ケール末、ブロッコリー末、カボチャ末、チンゲン菜末、パセリ末、ニンジン末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト粉末、香料、乳酸菌、乳化剤【アレルギー表示】乳、バナナ、リンゴ、もも
備考

 定期コース2回目以降は3,700円。最低2回の継続が条件。

子どもバナナ青汁の総評

定番の大麦若葉に加えて、スーパーフード「スピルリナ」や乳酸菌まで配合するなど、子供用の青汁として十分すぎるほどの栄養内容とコストパフォーマンスが魅力です。

飲んだ子供の94.1%が「おいしい」と答えたバナナ風味の味も人気の秘密です。とても試しやすい価格設定になっている点も高く評価しました。

 

子ども用青汁ランキング2位 グリーンミルク

子ども用青汁ランキング2位 グリーンミルクとは?

グリーンミルクは、
・有機栽培で作られた九州産の大麦若葉使用
・1杯で650mg(牛乳3本分)ものカルシウムが摂れる
・子どもの脳と神経の発達に欠かせないDHAとEPAを配合
・58種類の野菜発酵酵素と食物繊維をたっぷり配合
・専用シェイカープレゼント(定期コース)
・複数の保育園でも採用されているので安心

といった特徴があります。

価格 容量
 定期コース4,200円  150g(5g×30包)
原材料
還元麦芽糖、有機大麦若葉末、クリーミングパウダー、DHA・EPA含有精製魚油、ミルクカルシウム、抹茶粉末、難消化性デキストリン、植物発酵エキス末、卵殻カルシウム、ステビア(甘味料)、ビタミンC(原料の一部に乳・卵・りんご・山芋を含む)【アレルギー表示】卵・乳・やまいも・りんご
備考
 

グリーンミルクの総評

有機栽培の大麦若葉など青汁の基本となる材料に対するこだわりが感じられます。

また子どもの成長に重要なカルシウムやDHA・EPAをしっかり配合しているので、単なる野菜不足解消だけでなく、成長全般をサポートするサプリメントという位置づけで活用できそうです。

子ども用青汁ランキング3位 こどもフルーツ青汁

子ども用青汁ランキング3位 こどもフルーツ青汁とは?

こどもフルーツ青汁は、
・大麦若葉使用(九州産)
・14種の野菜と4種のフルーツ使用
・乳酸菌、ビフィズス菌配合
・保存料、着色料無添加
・カルシウムが1杯140mg
・1日50mlの少量でOK
・GMP認証工場で製造
・1ヶ月間の返金保証付き
・無料サンプルプレゼント中
・専用シェーカープレゼント(定期コース)

といった特徴があります。

価格 容量
 8,208円(税込)  120g(4g×30本)×2箱
原材料
 大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、ケール末、ビフィズス菌(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、ブロッコリー末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、人参末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト末、温州みかん、貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部にバナナ、乳、りんごを含む)【アレルギー情報】バナナ、乳、りんご
備考
 2箱セットなので価格がお高めになっています。今だけ無料サンプルプレゼント中。

こどもフルーツ青汁の総評

子ども用青汁として十分な栄養価と品質を満たした製品です。無料サンプルプレゼントを実施していますので、お試ししやすい点はメリットです。

まずは青汁ランキング1位の子どもバナナ青汁をおすすめします!

おすすめマーク

子ども用の青汁を3商品ご紹介しましたが、私の一番のおすすめは1位の子どもバナナ青汁です。

大麦若葉とスピルリナという栄養価の高い2つの原料を使用しているので、栄養面では十分すぎるほどの内容ですし、価格も続けやすい設定だと思います。

またバナナ味で飲みやすくなっていますが、牛乳を加えるとバナナオレになるので、牛乳のカルシウムも併せて摂取するのに役立ちます。

60日間試してみてお子様に合わなければ返金を受けることもできますから、良心的なところも安心ですね。

というわけで、飲みやすさ・品質・保証・コスパなど総合的に考えて子どもバナナ青汁を一番にオススメします。

子どもバナナ青汁の詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】こちら

 

Copyright© 子どもの青汁 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.