子供用 青汁 ランキング

子どもの青汁

子供用の飲みやすくて栄養たっぷりの青汁をランキングしました!

そして気になる、
子どもの健康を支える青汁のスゴイ効果!
についてもまとめていますのでご参考にしてください。

子ども用の青汁は飲みやすさと栄養価で選ぶ!

現代の子どものほとんどは野菜の摂取量が足りていないという調査結果があります。

野菜に豊富に含まれるビタミンやミネラルは、食べ物の栄養をエネルギーに換えたり、体を成長させていくのに欠かせない栄養素です。

野菜不足になると、すぐに疲れやすかったり、メンタル面で弱くなったり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなるなどの傾向がみられるようです。

といっても、1日の野菜の目標摂取量は350gで、これは野菜料理5皿分にもなりますから、特に野菜が苦手な子どもにとっては毎日摂取するのは大変ですね。

野菜嫌いの男の子

そこで、活用したいのが飲みやすくて栄養価の高い子供用の青汁です。

実際に某調査によれば、約82%の母親が「美味しい青汁があれば子どもに飲ませたい」と考えているとのことです。

市販の青汁の中には苦かったり、青臭さがあって飲みにくいタイプのものもありますが、子ども用につくられた青汁の多くは、フルーツを混ぜるなどして飲みやすくなっています。

それでも味には好みがありますし、配合成分もメーカーによってかなり異なっています。

その子に合う青汁を見つけるためには、実際にいくつかを試してみるということも必要かもしれません。

飲みやすさと栄養価で選んだ子ども向けの青汁を、以下にランキング形式でご紹介していきますのでご参考にしてください。

子ども用の青汁ランキング

子供用に開発された青汁を、サイト運営者の独断と偏見でランキングしています。

子ども用青汁ランキング1位 濃い藍の青汁

子ども用青汁ランキング1位 藍の青汁とは?

藍の青汁は、
・食物繊維とミネラルたっぷりの原料「藍」を使用
・「藍」の特許成分「純藍ポリフェノール」が体の内側から働く!
・善玉菌のエサとなり善玉菌の力をサポートする乳糖果糖オリゴ糖配合
・大麦若葉、クマザサ、桑の葉という3種の青汁定番素材もしっかり配合
・濃いのに飲みやすいから1歳児もゴクゴク!
・でも大人も愛飲者の多い本格派の青汁
・主原料の大麦若葉や桑の葉は農薬や化学肥料不使用で長く続けても安心
・人工甘味料も着色料も使っていない正統派青汁
・国内GMP認定工場で製造されているから品質管理もばっちり!

といった特徴があります。

価格 容量
 定期初回1,800円(税抜)  1箱30包
原材料
 有機大麦若葉(国産)、乳糖果糖オリゴ糖、桑の葉粉末(国産)、クマザサ粉末(国産)、藍抽出物(還元麦芽糖、藍(国産))/トレハロース
備考

 定期コース2回目以降は2,970円(税抜)でいつでも解約可。

藍の青汁の総評

子どもが小さい時から始めて、大きくなっても飲み続けられる、そんな長い付き合いのできる本格派青汁です。注目の素材「藍」を使用している点は、他の青汁には見られない特徴となっており、藍に含まれる「純藍ポリフェノール」は子どもの体内環境を整える面で大きな力になります。使用原料や製造面での安全もしっかりと配慮されており、「藍」と「愛」の詰まった青汁と言えそうです。「何より元気に育ってほしい」というママの子どもへの愛にしっかりと答える青汁としておすすめします。

 

子ども用青汁ランキング2位 グリーンミルク

子ども用青汁ランキング2位 グリーンミルクとは?

グリーンミルクは、
・有機栽培で作られた九州産の大麦若葉使用
・1杯で650mg(牛乳3本分)ものカルシウムが摂れる
・子どもの脳と神経の発達に欠かせないDHAとEPAを配合
・58種類の野菜発酵酵素と食物繊維をたっぷり配合
・専用シェイカープレゼント(定期コース)
・複数の保育園でも採用されているので安心

といった特徴があります。

価格 容量
 定期コース4,200円  150g(5g×30包)
原材料
還元麦芽糖、有機大麦若葉末、クリーミングパウダー、DHA・EPA含有精製魚油、ミルクカルシウム、抹茶粉末、難消化性デキストリン、植物発酵エキス末、卵殻カルシウム、ステビア(甘味料)、ビタミンC(原料の一部に乳・卵・りんご・山芋を含む)【アレルギー表示】卵・乳・やまいも・りんご
備考
 

グリーンミルクの総評

有機栽培の大麦若葉など青汁の基本となる材料に対するこだわりが感じられます。

また子どもの成長に重要なカルシウムやDHA・EPAをしっかり配合しているので、単なる野菜不足解消だけでなく、成長全般をサポートするサプリメントという位置づけで活用できそうです。

子ども用青汁ランキング3位 こどもフルーツ青汁

子ども用青汁ランキング3位 こどもフルーツ青汁とは?

こどもフルーツ青汁は、
・大麦若葉使用(九州産)
・14種の野菜と4種のフルーツ使用
・乳酸菌、ビフィズス菌配合
・保存料、着色料無添加
・カルシウムが1杯140mg
・1日50mlの少量でOK
・GMP認証工場で製造
・1ヶ月間の返金保証付き
・無料サンプルプレゼント中
・専用シェーカープレゼント(定期コース)

といった特徴があります。

価格 容量
 8,208円(税込)  120g(4g×30本)×2箱
原材料
 大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、ケール末、ビフィズス菌(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、ブロッコリー末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、人参末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト末、温州みかん、貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部にバナナ、乳、りんごを含む)【アレルギー情報】バナナ、乳、りんご
備考
 2箱セットなので価格がお高めになっています。今だけ無料サンプルプレゼント中。

こどもフルーツ青汁の総評

子ども用青汁として十分な栄養価と品質を満たした製品です。無料サンプルプレゼントを実施していますので、お試ししやすい点はメリットです。

子供用の青汁の効果について

疑問が浮かぶ親子

毎日の食事で子供の栄養について頭を悩ませているママは多く、特に野菜嫌いの子供に対してはどうやって野菜を食べてもらえるのか試行錯誤しているという話を良く聞きます。青汁は生活習慣病が気になる人や女性の間で人気の健康食品ですが、実は子供の野菜不足の解消にも役立ちます。

現代の子供の多くは一日の野菜の摂取量が少ない傾向にある為、青汁を毎日の食生活にプラスして栄養のバランスを整えることが大切といえます。

青汁には子どもの成長に欠かせないビタミンミネラルが豊富です

生命維持に欠かせない3大栄養素は脂質、糖質(炭水化物)、たんぱく質です。これは良く耳にするので知っている方もたくさんいると思いますが、これらの大切な栄養分はビタミンやミネラルなどが不足していると体に吸収されにくい為、せっかく摂取したとしても適切な働きをしてくれない場合があります。

ご飯やパン、麺類などの糖質(炭水化物)は脳や体を動かすためのエネルギー源となり、お肉や魚、乳製品などのたんぱく質は体をつくる栄養素で、脂質は体に蓄えられて必要に応じてエネルギーとして使われ、脳の働きを正常に保ったり、細胞膜や神経組織を作る材料となります。

この3大栄養素を体に吸収しエネルギーに変換させるためにはビタミンやミネラルの働きが欠かせません。その為にはビタミンやミネラルが豊富な野菜を食生活にバランス良く取り入れることが大切です。3大栄養素にビタミン、ミネラルを加えて5大栄養素と言われるほど重要な栄養素となっています。

美味しくご飯を食べる子供

成長期の子供の体をしっかり作る為にはこれらの栄養素をバランスよく摂る必要がありますが、厚生労働省の調べによると、3歳から17歳までの全ての年代で野菜の摂取量が一日の野菜の摂取量の目標350gに達していないという結果が出ています。

これらの不足分は野菜で摂ることが難しい為、青汁を毎日の食生活に取り入れることで簡単にしかも美味しく補う事ができます。

脳を活性化させて免疫力もアップする

野菜には食物繊維も豊富に含まれていますので腸内環境を整える働きがあります。食物繊維が腸内の善玉菌のエサとなり、腸の働きを促して便通を整えます。最近では子供の便秘が増えているとのことなので便秘の解消にも役立ちます。

また腸内環境がよくなることで免疫細胞が刺激され、ウィルスや細菌などの悪玉菌を排出させる働きが高まり、風邪をひきにくい体にしてくれますし、最近の研究においては青汁を飲むことで体内のDHAやEPAが増加するということが報告されていますので、子供の脳の発と健康な体つくりの為に青汁を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

青汁は子どもの便秘をやさしく解消してくれる!

便秘でお腹の痛い子ども

最近ますます増えていると言われているのが、子供の便秘です。

すでに赤ちゃんの頃から便秘気味の子も少なくないようです。

青汁はそのようなお子さんの便秘の予防と解消にもとてもいいんです。

では、子供が便秘になる原因と青汁の効果についてまとめてみます。

腸内細菌の少ない子供が増えている

子供 青汁 ランキング

排便がスムーズにいかないことは、腸内の細菌とも深い関係があります。

人の腸内には幾十億もの細菌が棲息していますが、これらの細菌は腸の働きを活発にさせたり、鈍らせたりする働きをします。

特に乳酸菌やビフィズス菌などの「善玉菌」と呼ばれる細菌が多いほど、それらの産生する酸が腸を刺激したり、便をやわらかくする作用をし、便通を良好にしてくれるのです。

ところが、帝王切開で生まれる赤ちゃんや母乳で育っていない子の場合には、それら腸内細菌の数や種類が少ない傾向にあるとの研究報告もあります。

これは出産時にママの産道に存在する腸内細菌を取り込めなかったため、さらにはビフィズス菌を増殖させるのに最も理想的である母乳を飲めなかったという点が原因となっていると考えられます。

その後も、あまり外で遊ばなかったり、過度に抗菌された環境で育つと腸内の細菌も増えていかずに腸の働きも活発でなくなります。

さらにストレスや夜型の生活も腸内環境を悪くします。

このような要因で腸内環境がしっかり整っていない子供が増えており、それが便秘の増加と関係していると考えられます。

青汁の食物繊維が腸内細菌を増やしてくれる

青汁には野菜の食物繊維がたっぷり含まれています。

この食物繊維には、水溶性のものと水に溶けない不溶性のものがあります。

水溶性の食物繊維は便を柔らかくするだけでなく、腸内の善玉菌の餌となり、善玉菌を増殖させる効果があります。

また不溶性の食物繊維は便のモトとなって、便のカサを増やし、腸に刺激を与えて活発化してくれます。

このように食物繊維は様々な作用で腸の働きをサポートしてくれる大切な成分なのです。

毎日の習慣として青汁を飲むようにするなら、お子さんの腸内環境も徐々に善玉菌が増えていき、便秘知らずのスッキリした毎日を送れるようになるかもしれません。

オリゴ糖と乳酸菌の入った青汁がおすすめ

子供用 青汁

もしお子さんが便秘がちなところがあるなら、特にお勧めしたいのは野菜の成分に加えて、乳酸菌やオリゴ糖の配合された青汁を選ぶことです。

オリゴ糖も食物繊維と同様に善玉菌の餌となる栄養分で、相乗効果により特にビフィズス菌の増殖に一役買ってくれます。

また乳酸菌そのものを青汁を通して毎日摂取することで、一層善玉菌を増やすのに効果を期待できることでしょう。

子共用の青汁でも乳酸菌やオリゴ糖が配合されたものがありますから、そのようなものを試してみてください。

まずは青汁ランキング1位の藍の青汁をおすすめします!

親子で元気な生活

子ども用の青汁を3商品ご紹介しましたが、私の一番のおすすめは1位の藍の青汁です。

子どものための青汁を選ぶ際の大切なポイントとなるのは飲みやすさですが、最近では子供向けに甘味料や果物をたっぷりいれて作られた青汁も多いようです。

しかし、そのような青汁をずっと飲み続けられるかと考えるとハテナマークがつきます。甘さが強いと飽きがくるのも早いですし、それが癖になって甘さの足りないものを食べなくなることも考えられます。

その点、藍の青汁はほんのり甘いオリゴ糖を配合しているので飲みやすさがありますが、甘すぎずに大人にも愛飲者の多い味となっています。

また藍の青汁は飲みやすいだけでなく、その使用原料がシンプルで濃いものとなっています。

たくさんの原料を使って「何だか良さそうに思える」青汁とは一線を画し、最良の栄養バランスと摂取量を考え抜いて、シンプルでパワフルなものを作り出した開発者のこだわりを感じさせる一品となっています。

製品の名前にもなっている特許成分ポリフェノールが含まれる「藍」や代表的な青汁原料である大麦若葉、桑の葉、クマザサがたっぷり含まれますから、子どもの健康を気遣う親御さんに心強い味方となってくれるでしょう。

特に、野菜嫌いのお子さんや体の疲れやすいお子さん、お腹の調子を崩しやすいお子さんは、ビタミンやミネラルそして食物繊維が不足しがちですから、藍の青汁で身体に愛をたくさん与えてあげてください。

↓ ↓ ↓

藍の青汁の公式サイトこちら

子供の身体の健康と成長を支えるのは食物

子供の身体の健康と成長を支えるのは食物です。食物の栄養に秘められた力は、薬を超えたものになることがあります。子供が日ごろ何を食べているかが生育の状況に大きくインパクトを与えます。周囲にいる親を含めた大人たちがそれを頭の置いたうえで子どもを育てなくてはなりません。食物は病気にならない体をつくるのに強力な役割を果たしますし、頭脳の成長にもとても大事です。水というのは体内では体液や血液としてあちこちに存在し、肝心な働きがあります。ごく僅かの水だとしてもいろんな効能があり、腸の働きを良好にして便通をスムーズにしたり、美肌効果があったり、食事前に飲むと胃液が出て消化を助けたり、汗や尿を出すのを後押しして、毒素など不要分の排出につながります。そして疲れやイライラに関してもそれに対する鎮静作用もあります。海藻には野菜に引けを取らないミネラルやビタミンなど健康にプラスとなる栄養を豊富に蓄積しています。さらに血液中の白血球を強力にし、様々な生活習慣病になりにくい体をつくる成分を含み、免疫を強固にするうえでとても有効な食物です。水に溶けやすい食物繊維が海藻にはたくさん含まれます。おなかの善玉菌を活性化して、大腸の動きを後押しして、疲労回復に欠かせないビタミンB群をどんどん合成させるなど重要な働きをしています。2歳から5歳ごろは生活にリズムを確立させる時です。夜遅くまで目を覚ましていると、朝の起床も遅くなってしまい、生活のリズムもずれていきます。そうなると、自律神経が調子を崩して、成育するにつれて、心と体の不具合が生じることもあります。幼児の頃の理想の睡眠時間は、午後20時~午前6時ごろまでの10時間の睡眠です。この生活パターンを幼児期に完成することを目指しましょう。海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸という脂質を含有します。とりわけDHAの働きには注目です。これは乳幼児の脳の発達に有効であるという研究報告のある栄養素です。海藻が豊かな栄養を有するのは、海洋の滋養分がグッと詰め込まれているからです。海藻をよく取り入れた食事を毎日モリモリ食べて、海洋パワーで強い身体をつくりしょう。心身ともに大きく育っていく子はいろんな栄養が全体として満たせる食事を美味しく食べられることが重要です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、本来の体にとって必要な滋養分の適切な構図が破壊されることがあります。とある幼稚園では食べられそうなぐらいの飯の量を自分でつがせて、自分が食べられる量について意識を持つようにさせているそうですが、いい方法だと思います。最近の子というのは背丈がスーッと高くて手や足の長さも長く、旧時代の人たちよりクールなスタイルです。こうなったのはご飯主体の伝統日本の食事から動物性食品の摂取が多い欧州や米国のようなタイプに社会全体として傾いてきたからです。ところが、糖尿病や高血圧といった昔の日本では深刻ではなかった病気が多くなっているのです。そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気も急激に数を増している状況です。子どもたちの便秘は近年増加傾向にあります。便秘を抱える小児ほど、少しのことで疲れたり、集中力の欠如など生活の支障が観察されます。ウンチをため込んでいるようだったら早急に解決に向けて動きましょう。小児タイプの浣腸薬や下剤も存在しますが、それは苦しくてしょうがない時の非常手段ぐらいの気持ちでいて使いすぎないことです。出来る限り本来の排便力を回復できるよう食物繊維の多い食物や規則正しい生活を支援してあげるようにしましょう。

 

Copyright© 子どもの青汁 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.